朗読 平家物語一の谷 河原合戦

河原合戦

平家物語:河原合戦 朗読mp3
ドコモ・Sバンク→12

平家物語巻第九より「河原合戦(かわらかっせん)」です。木曾義仲に 代わり、源義経が京都に入ります。


あらすじ

宇治・瀬田の合戦は木曾義仲軍の敗北に終わり(「宇治川先陣」)戦況報告が頼朝のもとに届きます。「宇治川先陣佐々木四郎高綱、 ニ陣梶原源太景季」とありました。

義仲は宇治・瀬田が敗られたときき院の御所、法住寺殿へ おいとまを告げにいこうとしますが、既に義経軍が迫っているのを 聞き引き返します。

六条堀川に通い慣れた女房がいたので別れを惜しんでいましたが 家来の越後中太家光が自害して抗議したのでようやく出発し、 六条河原で東国の勢と奮戦します。

一方、義仲に代り院の御所に参上した義経は法皇、大膳大夫成忠(だいぜんのだいぶ なりただ) を始め、院の人々に歓迎されます。

義経以下、安田三郎義定、畠山庄司重忠、梶原源太景季、佐々木四郎高綱、 渋谷右馬允重資、法皇の御前で名乗ります。

「義仲は鴨川の河原を北上して逃げているところです。今頃は討ち取られているでしょう」との 義経の報告をきき、法皇は感激し、御所の守護を命じます。

義仲はいざとなれば法皇の身柄を拘束して西国へ逃げ延び平家と同盟しようと していましたが、すでに義経が御所の守護を命じられたことをきき、敵の 中に駆け入り奮戦します。

しかし幼少の頃から「死ぬときは一所」と誓った今井四郎兼平の身の上が 心配でした。

義仲は東国の勢と戦いながら鴨川を渡り粟田口・松坂にかかります。 信濃を発った時は五万余騎だった軍勢もわずか七騎になっていました。


木曾最期」に先立つ、義仲凋落のエピソードです。義経が 颯爽と歴史の舞台に登場します。その陰でなおさら義仲がミジメに 映るのです。

しかし最後の見せ場とばかりハデな活躍を見せる義仲、合戦の描写は 素晴らしいです。

最近は立って朗読しているので声の出がいいカンジです。

義経が院の御所に参上した時の「くろ煙けたてて馳せまいる」の「けたてて」が なかなか発音できなくて大変でした。


posted by 左大臣光永 | 一の谷

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。