福原落

平家物語:福原落 朗読mp3
ドコモ・Sバンク→12 au→

平家物語巻第七「福原落(ふくはらおち)」です。平家は都落ちの途上、 福原の旧都を訪ねます。


あらすじ

平家都落ちに際し主従の別れの場面がいくつもありました。 妻子を連れて行くのがせいいっぱいで、郎従までは難しかったのです。

福原の旧都に着くと宗盛は主だった侍数百人を集めて平家の衰退と代々の 恩を説きます。

侍たちは恩に報いどこまでも供しますと誓ったので平家の人々は頼もしく思いました。

その夜は福原に一夜を明かします。故入道相国の築いた福原京の繁栄は 見る影もなく、荒れ果てていました。

翌日福原に火をかけて、西国へ落ちくだります。


流麗な美文で聞かせる章です。宗盛にしてはこの演説はカッコよすぎるので時忠あたりが 台本を用意したのだと思います。


posted by 左大臣光永 | 木曽義仲の台頭

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。