朗読 平家物語一の谷 三草合戦

三草合戦

平家物語:三草合戦 朗読mp3

平家物語巻第九「三草合戦」です。三草山に布陣している平家軍に 源氏が夜襲をかけます。


あらすじ

法皇より三種の神器奪還の命を受けた範頼、義経はそれぞれ摂津の 昆陽野(こやの)と播磨・丹波の境、三草山の東の山口、小野原に進出しました(「三草勢揃」)。

平家軍は大将軍資盛、有盛以下三千余騎で三草山の西の山口に布陣していました。

義経は田代冠者(たしろのかんじゃ)の進言で土肥次郎実らと夜討ちを決行することに決めます。

民家や野山に火をつけて照明の代わりとして進軍します。

平家軍はすっかり油断していたところを強襲され大慌てで逃げていきました。

大将軍資盛、有盛らは讃岐の八島へ、侍大将平内兵衛清家、海老次郎盛方らは一の谷に落ちゆきました。


兵庫県社町の三草山は現在ではハイキングコースが整備され クヌギーナラガシワ林が「ひょうごの森百選」にも選ばれています。

はるか昔の寿永3年(1184)その三草山で義経軍が資盛軍を打ち破ったのです。


posted by 左大臣光永 | 一の谷

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。