金渡

平家物語:金渡 朗読mp3

平家物語巻第三「金渡(かねわたし)」です。平重盛は、平家一門の子々孫々までの繁栄のため、宋国に黄金を送りました。


あらすじ

平重盛は、平家一門の子々孫々までの繁栄のためには国内に良い行いをするだけでは足りないと考えました。

鎮西(九州)から妙典という船頭を呼び寄せて三千両を持たせ命じます。このうち五百両をお前に与える。千両を臨済宗の巡礼地、育王山に寄付し、二千両を宋国の帝にお渡ししろと。

妙典は重盛の言葉どおり宋国に渡り、仏照禅師徳光に会って取り次いでもらい、千両をに、二千両を帝に渡しました。


無文」「灯炉之沙汰」と並び、重盛追悼話群のひとつです。


posted by 左大臣光永 | 平家繁栄

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。