朝敵揃

平家物語 朝敵揃 朗読mp3

平家物語巻第五「朝敵揃(ちょうてきぞろえ)」です。源頼朝の蜂起に関連して、過去朝廷に背いた者達の例が語られます。


あらすじ

神武天皇の治世四年に紀州名草の地方首長が朝家に背いて以来、二十余人が背いたが一人として成功せず、官軍に滅ぼされました。

また、現在では王権も軽んじられるようになってしまったが、昔は宣旨(天皇の勅命)といえば草も木も従ったものでした。

延喜帝(醍醐天皇)の時代、帝が京都の神泉苑に行幸された時、池の水際に鷺がいました。

帝は鷺を取ってこいと六位の役人に命じます。

役人は困りますが、鷺に向かって「宣旨である」と言うと鷺の動きが固まり、カンタンに捕まったのです。

帝は鷺を五位に任じ、「鷺の中の王である」という札をかけて空へ放たれたということです。


いい感じで朗読してましたが、後で見るとかなり音がクリップしてて(音割れ。波形が0デジベルを越えてゆがむ)、参りました。でもまあ、多少は音割れしたくらいが勢いがあっていいかとも思います…。


posted by 左大臣光永 | 平家凋落

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。