那須与一

「那須与一、扇の的を射る」…屋島の合戦中の華やかな一幕。平家物語巻第十より「那須与一(なすのよいち)」です。

≫サンプル音声

≫「那須与一」全文朗読をダウンロード

「那須与一」の全文朗読をダウンロードするには、メールアドレスを入力して「ダウンロードする」を押してください。すぐに自動返信でダウンロードurlが届きます。
★サンプル音声★



★ダウンロード特典つき★

「平家物語 音声解説 名場面選 全9日間」
9日間にわたってお届けする「平家物語」無料セミナーです。楽しい解説と朗読で、自然に『平家物語』の世界に入り込めるようになっております。

※メールマガジンの読者サービスとして無料配布するものです。
後日メールマガジン「元気の出る朗読」をお送りさせていただいています。
全て無料で、こちらからいつでも解除できます。

※当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

管理者名
光永隆
住所
東京都板橋区大谷口1−51−3
電話番号
050-1446-3947
E-MAIL
inform【アットマーク】sirdaizine.com

あらすじ

屋島の合戦のさなか。
阿波・讃岐の豪族たちは次々に平家を背き、源氏に従い着きます。
義経軍はいつしか三百余騎に膨れ上がりました。

平家は海にズラッと舟を並べ、源氏は陸地に陣をしいている状況です。

夕暮れになり、「今日の戦は終わりだ」という頃になって、沖から一艘の小舟が近づいてきま す。
舟には歳十八、九ばかりの女房が乗っており、船板に棒を立てた先に扇を挟んで、 源氏軍のほうを手招きしています。

義経は後藤兵衛実基を呼び、「あれは何だ」と尋ねます。

後藤兵衛
「射ぬいてみよ、ということでしょう。
ただし、大将軍自ら矢面に立ち、あの傾城(美女)に相対すならば、腕達者な者に狙撃させよ うという計略と思われます。
…そうは言っても、やはり敵の挑戦。扇を射させるべきでしょう」

義経が誰に射させるべきか尋ねると、後藤兵衛は「那須太郎資高が子、与一宗高」と答えます 。

与一のことを尋ねると、「飛ぶ鳥を射落とす競技で、三回に二回は成功します」と答えます。
義経は与一を呼び出します。

与一は義経の前に畏まります。

義経
「どうだ宗高、あの扇の真ん中を射て、平家に見物させてやれ」
与一 「成功は覚束ないところです。射損ずれば後々まで御味方の名誉の傷となりましょう。
私などより、もっと確実な方にお命じになったほうがよかろうと思われます」

義経は怒ります。
「鎌倉を発って西国へ赴く者は、義経の命を背くべからず。
少しでも不満のある者は、さっさと立ち去れ」

与一は、「重ねて辞退すればかえってまずいことになるだろう」と、扇の的を射抜く決意をし ます。

与一は黒く逞しい馬に乗って水際へ乗り出します。
その与一を見て、味方の武士たちは、 「この若者なら、きっとやりおおせるだろう」と頼もしく思います。

与一は馬を一段(約11メートル)ばかり海へ打ちいれます。
扇の的まではまだ七段ほどもある上、 二月十八日(旧暦)酉の刻(午後六時)のことではあり、風は激しく波は荒れ、 扇の的はひらひらと風にはためいています。

沖には平家が船を並べて見物し、陸地には源氏が馬首を並べて見ています。沖を見ても、陸地 を 見ても、まさに「晴れの場」という感じです。

与一は目をふさいで祈ります。
「南無八幡大菩薩。わが故郷下野国の神、日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神。
どうか、あの扇の的を射させてください。
もし射損ずるなら、弓を切り折り自害して、人に再び顔向けしない覚悟です。
今一度本国(那須)へ帰してやろうという思し召しならば、この矢を外させないでください」

与一が目を開くと、風が吹き弱り、扇の的が射やすくなっていました。

与一は鏑矢を取り、ひき絞ってひょうと放ちます。
与一は小柄ながら腕力が強く、十二束三つぶせ(注)の強く放った矢は浦々いったいに響き渡 る ほど風を切って飛んでいき、見事扇を射抜きました。

沖の平家も、陸地の源氏も、いっせいに大喜びしました。

十二束三つぶせ(注)…こぶし十二個と指三本分の長さ。普通の矢よりやや長い。


「那須与一、扇の的を射る」…平家物語の中で「祇園精舎」とならぶ有名なくだりです。

朗読しやすいです。強弱、テンポの緩急がハッキリしてるからです。 朗読の設計図を組み立てやすいのです。

「矢ごろ少し遠かりければ、海へ一段ばかり打ちいれたれども、なお扇のあはい七段ばかりは あるらんとこそ見えたりけれ。
頃は二月十八日の鳥の刻ばかりのことなるに、折節北風激しくて、磯打つ波も高かりけり」
と…いかにも軍紀物という元気さでじょじょに盛り上げていきます。
琵琶法師も、さぞ調子に乗ってジャカジャカかき鳴らしていたことでしょう。

「十二束三ぶせ、弓は強し、浦響くほど長鳴りして、あやまたず 扇の要ぎわ一寸ばかり置いて、ひいぃぃぃぃふつっっとぞ射切ったる」
扇を射た瞬間は、スローモーションでたっぷりと魅せます。

「扇は空へぞ上がりける。春風に一揉み二揉み揉まれて、海へさっとぞ入りにける」
空中に舞う扇をシミジミ描写し、心地よい余韻を残します。

はっきりと「読み」を意識してつくられているのがわかります。

那須与一は、その後出家したとか、梶原景時に狙われたとか弟の那須大八が宮崎の椎葉村に 逃げたとか、あちこちに「与一の墓」があったり、伝承の多い人物です。
しかし平家物語ではこの扇の的のくだりで描写されているだけです。


参考文献など

小説

『那須与一 上下』 谷 恒生・著 /河出書房新社 1992
『天の弓 那須与一』 那須義定・著/叢文社 1993
『華の弓 那須与一』那須義定・著/叢文社 1998
『転生 那須与一』島 遼伍 ・著/随想舎 2007

評伝など

『那須与一』大野 信一・著/新人物往来社 1989
『永遠のヒ−ロ−那須与一』赤津健壽 1993
『椎葉物語―鶴富姫と那須大八郎』 山崎 喜晴・著/文芸社 2001
『弓の文学誌―那須与一は正鵠を射たか』牧野 治三・著/文芸社 2004
『混声合唱のための楽興の時 枕草子/平家物語による混声合唱のエチュード 那須与一』 千原英喜・著/全音楽譜出版社 2007

那須与一が登場するゲーム

義経紀(バンプレスト)
義経英雄伝(フロム・ソフトウェア)
源平合戦(光栄)
少女義経伝(WellMADE)
義経英雄伝 修羅(フロム・ソフトウェア)
GENJI PlayStation 2 the Best (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
Routes(Leaf)
posted by 左大臣光永 | 屋島・壇ノ浦

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。