葵前

平家物語:葵前 朗読mp3

平家物語巻第六より「葵前(あおいのまえ)」です。
高倉天皇と、葵の前の忍ぶ恋です。
紅葉」「小督」と並んで、高倉上皇追悼話群のひとつです


あらすじ

建礼門院に使えている女房の女童が、高倉天皇から愛されたことがありました。
人々は、「この人は今に后に立つに違いない」と噂し、「葵女御(あおいのにょうご)」と呼びました。

高倉天皇は、人の口をはばかり、その後はお召しになりませんでした。
関白藤原基房は、葵の前の身分の卑しいことが問題なら自分の猶子(養子)にしましょうと提案しますが、 高倉天皇はそれを退けます。

高倉天皇は、自分の気持ちを古歌に託されます。

忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと人の問うまで
(心の底に隠そうとしても、恋する気持ちは現れてしまうものだなあ。「何か心配でもあるのですか」と、 人が聞いてくるほどに)

冷泉少将隆房が取り次いでこの紙を葵の前に渡すと、葵の前は里へ帰り、つもる思いの激しさでしょうか、 ついに死んでしまいます。

君が一日の恩のために、妾が百年の身をあやまつ(主君の一時の寵愛を受けたため、女性が 身を誤った)」とは、まさにこのことでした。

昔、唐の太宗がある娘を後宮に入れようとしたところ、名臣の魏徴に諌められて 思いとどまったことを思わせる話でした。

朗読について

高倉天皇と葵の前の悲恋です。
葵の前は身分の低い女だったため、こういった悲劇が発生したわけです。
淡々としたテンポで朗読しました。

高倉天皇が引用しているのは、百人一首にもとられている、平兼盛の歌です。
内容的にはわかりやすく、誰でも共感できるのではないでしょうか。

平家物語には、このように和歌や中国の古典からの引用が非常に多いです。
大雑把にでも調べてから朗読すれば、情がこもると思います。


posted by 左大臣光永 | 平家凋落

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。