朗読 平家物語平家繁栄 阿古屋之松

阿古屋之松

平家物語:阿古屋之松 朗読mp3

平家物語巻第二より「阿古屋之松(あこやのまつ)」です。
丹波少将成経は配所へ護送される途上、昔藤中将実方(とうのちゅうじょう さねかた)が 陸奥に阿古屋の松を尋ねた時の故事を思い出します。


あらすじ

新大納言成親卿一人ではなく、鹿谷事件に連座した多くの人々が処罰されました。
成親卿の子息、丹波少将成経(たんばのしょうしょう なりつね)も、流罪になった一人です。

その頃入道相国(清盛)は、福原の別邸にいましたが、門脇の宰相のもとへ使いを送り、 「丹波少将成経を福原へよこせ」と命じました。
(門脇の宰相は清盛の弟、教盛です。成経にとっては舅にあたります。)

丹波少将成経は泣く泣く福原へ旅立ちます。
門脇の宰相は、成経に出家隠遁をすすめ、命のある限りはお見舞いすると 励ましました。

成経は元服前の幼い息子に別れを告げます。
七歳になったら元服させて法皇へお仕えさせようと思っていたが、今はどうすることも できない。もし命があれば僧になって後世を弔ってくれと語ります。

意味はわからないながら、成経の子はうなずきます。
それを見て、その座に並み居る人々は皆涙を流すのでした。

福原からの使いが急かすので、その夜のうちに 鳥羽へ向かい、同二十二日、福原に到着します。

清盛は、瀬尾太郎兼康(せのおのたろう かねやす)に命じて、成経を備中の国まで護送させます。
瀬尾太郎兼康は門脇の宰相に伝わることを恐れて、道すがら成経を慰めましたが、 成経の気持ちは晴れませんでした。

一方成経の父新大納言成親は、備前の児島から備中の有木の別所という山寺に移されていました。
成経のいる備前の瀬尾と、父成親のいる有木の別所とは、わずか五十町(5.6キロメートル)の距離です。

しかし成経が瀬尾太郎兼康に備中の有木の別所までの距離を訪ねると、 「片道十二三日」という答えです。

成経は兼康が嘘をついていることがわかりました。
備中、備前、豊後はもとは一国で、そんなに離れているわけはないのです。
そこで、藤中将実方が陸奥に阿古屋の松を尋ねた時の故事を思い浮かべます。

藤中将実方は、平安時代の有名な歌人です。歌枕として有名な阿古屋の松を尋ねたのです。

実方が地元の老人に「阿古屋の松はどこですか」と 尋ねると、「出羽の国」という答えです。

実方は、「時代か経って、誰も名所のことは覚えていないのだな…」と 虚しく去ろうとします。

老人は実方を呼びとめます。
「あなたは、「みちのくの 阿古屋の松に 木がくれて いづべき月の いでもやらぬか」 という歌で阿古屋の松を知ったのでしょう。
それは出羽と陸奥が一国であった時代に詠まれた歌です。
今、阿古屋の松は出羽の国にあります」

実方は老人の言葉のとおり出羽の国に超え、阿古屋の松を見ることができたという話です。

……

成経は瀬尾太郎が嘘をつくのは、父の在所を知られまいという意図だろうと悟り、 以後この話題には触れないようにしました。

■ 補足 ■

阿古屋の松

陸奥守として赴任した中納言藤原豊充の娘阿古耶姫は、地元の若者と恋に落ちます。

しかし若者の正体は千歳山に生える松の古木の精でした。
正体を明かし、阿古耶姫のもとを立ち去ります。

その後、名取川が氾濫し、橋を新造するため千歳山の松が切り倒されますが、 どうしても動かすことができません。

占い師が「阿古耶姫に頼め」というので、村人はそうします。
阿古耶姫は切り倒された千歳山の松を見て、涙にくれますが、村のために 橋になってくださいと頼みます。
木は自然に動き出し、橋のところまで移動し、橋をかけることができたということです。

現山形県千歳山万松寺内の松と言われています。 謡曲「阿古屋松」は、平家物語の「阿古屋之松」に基づき、実方に阿古屋松の所在を 教えた老人は塩釜明神の化身だというアレンジが加えられています。

浄瑠璃「三十三間堂棟木の由来」はこの阿古耶姫の話とプロットが似ています。
三十三間堂を建てるため、柳の古木が切り倒されるが、その柳は人間と恋仲で…という話です。

藤中将実方(とうのちゅうじょう さねかた)

平安時代の歌人。
天皇の面前で歌の議論となり、頭にきて相手の冠を叩き落したために天皇の 怒りを買い、陸奥国に左遷となります。
百人一首に採られている「かくとだに えやはいぶきの さしも草  さしも知らじな 燃ゆる思いを」の作者として有名です。
松尾芭蕉は、「奥の細道」の中で、藤中将実方の塚(墓)を訪ねています。


posted by 左大臣光永 | 平家繁栄

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。