朗読 平家物語平家物語関連 奥の細道 平泉

奥の細道 平泉

松雄芭蕉は「奥の細道」の旅で義経終焉の地、奥州の平泉を訪れます。
夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡」の名句はこの地で生まれました。

関連:
腰越、判官都落 / 奥の細道 朗読

原文

三代の栄耀(えよう)一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。秀衡(ひでひら)が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す。先高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也。衣川は和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落入。泰衡(やすひら)らが旧跡は、衣が関を隔てて、南部口をさし堅め、夷(えぞ)をふせぐとみえたり。偖(さて)も義臣すぐつて此城にこもり、巧妙一時の叢となる。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。

夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡

卯の花に兼房(かねふさ)みゆる白毛(しらが)かな 曾良

兼て耳驚したる二堂開帳す。経堂は三将の像をのこし、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。七宝散うせて、珠の扉(とぼそ)風にやぶれ、金(こがね)の柱霜雪に朽て、既頽廃空虚の叢と成べきを、四面新に囲て、甍を覆て風雨を凌。暫時(しばらく)千歳の記念(かたみ)とはなれり。

五月雨の降のこしてや光堂

現代語訳

藤原清衡・基衡・秀衡と続いた奥州藤原氏三代の栄光も、邯鄲一炊の夢の故事のようにはかなく消え、南大門の跡はここからすぐ一里の距離にある。

秀衡の館の跡は田野となり、その名残すら無い。ただ、秀衡が山頂に金の鶏を埋めて平泉の守りとしたという【金鶏山】だけが、形を残している。

まず義経の館のあった高台、【高舘】に登ると、眼下に北上川が一望される。南部地方から流れる、大河である。

衣川は秀衡の三男和泉三郎の居城跡をめぐって、高舘の下で北上川と合流している。

嫡男泰衡の居城跡は、衣が関を境として平泉と南部地方を分かち、蝦夷の攻撃を防いでいたのだと見える。

それにしてもまあ、義経の忠臣たちがこの高舘にこもった、その巧名も一時のことで今は草むらとなっているのだ。

国は滅びて跡形もなくなり、山河だけが昔のままの姿で流れている、繁栄していた都の名残もなく、春の草が青々と繁っている。杜甫の『春望』を思い出し感慨にふけった。笠を脱ぎ地面に敷いて、時の過ぎるのを忘れて涙を落とした。

夏草や 兵どもが 夢の跡
(意味)奥州藤原氏や義経主従の功名も、今は一炊の夢と消え、夏草が茫々と繁っている。

卯の花に 兼房みゆる 白髪かな 曾良
(意味)白い卯の花を見ていると、勇猛に戦った義経の家臣、兼房の白髪が髣髴される)

かねてその評判をきいていた、中尊寺光堂と経堂の扉を開く。経堂には藤原三代頭首の像、光堂にはその棺と、阿弥陀三尊像が安置してある。

奥州藤原氏の所有していた宝物の数々は散りうせ、玉を散りばめた扉は風に吹きさらされボロボロに破れ、黄金の柱は霜や雪にさらされ朽ち果ててしまった。

今は荒れ果てた草むらとなっていても無理は無いのだが、金色堂の四面に覆いをして、屋根を覆い風雨を防ぎ、永劫の時の中ではわずかな時間だがせめて千年くらいはその姿を保ってくれるだろう。

五月雨の 降りのこしてや 光堂
(意味)全てを洗い流してしまう五月雨も、光堂だけはその気高さに遠慮して濡らさず残しているようだ)

奥の細道〜平泉 について

松尾芭蕉と河合曾良が、奥州の平泉を訪れるくだりです。
義経主従終焉の地である平泉は、「奥の細道」の旅の主要な目的地のひとつでした。
芭蕉は義経の生涯に強いロマンを抱いていたのです。

平家物語には義経の死の直接的な描写はありません。
「判官都落」でその後の義経主従の受難をにおわせるのみで、あとは平家の遺児六代御前の話に移ってしまいます。

源平合戦終結後、兄頼朝と対立した義経は、武蔵房弁慶などわずかな 部下を連れて、藤原秀衡を頼って奥州へ落ちゆきます。

藤原秀衡は頼朝からの引渡し要求を、断固拒みました。
しかし秀衡が没すると息子の泰衡は頼朝の要求を拒みきれず、義経を自殺に追い込み、その 首を差し出すことで和平を結ぼうとしました。

しかし頼朝は勝手に義経を討ったことを口実に奥州へ出兵し、 清衡・基衡・秀衡と三代続いた奥州藤原氏の歴史は幕を閉じるのでした…。

ああ、ここで義経が、立ち往生の弁慶が…。そして北上川の雄大な流れが…
芭蕉の感激が伝わってくる、熱の入った文章です。
それでいて、細部まで計算された韻の踏み方、 名文すぎて訳を書くなど無粋というものです。

目を閉じ、時を忘れ、たたずんでいる芭蕉と曾良の姿が目に浮かぶのです。
後半では、「三将の像」「三代の棺」「三尊の仏」「七宝」と、数字つながりでリズムを取ってます。

曾良の句「卯の花に 兼房見ゆる 白髪かな」の「兼房」は義経の世話係の老人、増尾十郎兼房(ましのお じゅうろう かねふさ)のことです。
平家物語には登場しません。「義経記」にその名が見えます。
卯の花の白さが、白髪を振り乱して戦った兼房をしのばせるという内容です。

posted by 左大臣光永 | 平家物語関連

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。