朗読 平家物語一の谷 樋口被討罰

樋口被討罰

平家物語:樋口被討罰(一) 朗読mp3
平家物語:樋口被討罰(二) 朗読mp3

平家物語巻第九「樋口被討罰(ひぐちの ちゅうばつせられ、ひぐちのきられ)」です。
木曽義仲亡き後、木曽四天王の一人樋口次郎兼光(ひぐちのじろう かねみつ)は降伏しますが、 結局は赦されず、首を刎ねられます。


あらすじ

木曽義仲が粟津で討たれます(「木曽最期」)

樋口次郎兼光は、十郎蔵人行家を追って紀伊国の名草に向かっていましたが、 義仲と今井四郎の死を知り、討死覚悟で都へ上ります。

樋口次郎の上洛に備え、都に駐留している軍勢は守りを固めます。

さて樋口軍の中に茅野太郎光広(ちののたろう みつひろ)という者がいました。
敵陣に「一条次郎殿と戦いたい」と呼びかけますが、「相手をえり好みをするな」と 笑われます。
茅野太郎は、自分の弟が一条軍の中におり、息子たちに自分の奮戦を伝えるため 戦いたいと言ったのだ、敵をえり好みしているわけではないと語り、 敵の中に駆け入り、討死します。

樋口次郎は名の通った豪傑でしたが、縁故の深い児玉党の人々に強く降伏を勧められ、 それに従います。

院の御所からいったんお赦しが出ますが、かたわらの公卿や女房たちが反対したので 結局は死罪と決まりました。

寿永三年一月二十二日、木曽義仲によって摂政につけられた松殿師家が解任させられ、藤原基通が摂政に復職します。

二十四日、木曽義仲一派の首が大路を渡され、翌日樋口次郎も斬られます。

昔、秦国が滅びた時に項羽と沛公(劉邦)が位を争いました。
その時沛公は先に都へ入ったのですが 後に都入りする項羽の非難を避けるため、軍規を厳しくして略奪行為など 許しませんでした。

義仲も沛公のように賢くふるまえばよかったのに、残念なことでした。

このように源氏同士で争っている間、平家は福原の一の谷に城砦を築き、源氏の攻撃に備えていました。

朗読について

樋口次郎兼光の死です。
弟の今井四郎は前章「木曽最期」で派手な死に様をさらします。
刀を口に含み、馬から飛び降り、グサーーと刺さる。映像化してほしくない部分です。

その派手な今井に対し、兄樋口は降伏を選びます。
平家物語は「樋口次郎は〜運や尽きにけん」と、容赦ないです。

平家物語は「死を前に毅然としない者」に対しては、えらい厳しいです。
例えば宗盛の死後のみっともなさに対してもボロクソ言ってます。
あんた何様よと思うことしばしばです。

樋口次郎といえば、「実盛」で斉藤別当の首を見て「あなむざん、斉藤別当で候けり」の台詞が印象深く、 この台詞のせいで、樋口次郎の表情は(私のイメージの中で)いつも無残ぽくひきつってます。

マイクまでわりと距離を取って朗読しました。やかましくならないように注意しました。茅野太郎の名乗りは、なかなか勇ましく言えた気がします。


posted by 左大臣光永 | 一の谷

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。