朗読 平家物語平家物語関連 平家物語の成立 徒然草

平家物語の成立 徒然草

徒然草 平家物語の成立 朗読mp3

兼好法師の「徒然草」に、平家物語の成立に関する記述があります。
真偽のほどはともかく、平家物語の成立を語る際に、よく引用される箇所です。
 

関連する章…
祇園精舎

徒然草 第二百二十六段 原文

後鳥羽院の御時、信濃前司行長、稽古の誉ありけるが、楽府の御論議の番に召されて、七徳の舞を二つ忘れたりければ、五徳の冠者と異名をつきけるを、心うきことにして、 学問をすてて遁世したりけるを、慈鎮和尚、一芸あるものをば下部までも召しおきて、不便にせさせ給ひければ、この信濃入道を扶持し給いけり。

この行長入道、平家物語を作りて、生佛といひける盲目に教へ語らせけり。

さて山門のことを、ことにゆゆしくかけり。

九郎判官のことは、くわしく知りて書きのせたり。蒲冠者のことは、よくは知らざりけるにや、多くのことどもをしるしもらしけり。

武士のこと、弓馬のわざは、生佛、東国のものにて、武士に問い聞きて書かせけり。

彼の生佛が生まれつきの声を、今の琵琶法師は学びたるなり。

現代語訳

後鳥羽院の時代、信濃前司行長という人が学問の高い人としとして知られていた。

ある時「白氏文集」の中の「新楽府」について天皇の前で議論したが、「七徳」という 軍事に関する七つの徳のうち、二つをド忘れしてしまい、「五徳の冠者」と呼ばれることになる。

行長はこれを恥じ、学問を捨てて引きこもってしまった。

慈鎮和尚は一芸に秀でたものは身分卑しいものでも呼び寄せて世話をしていたので、 この行長を呼び寄せ、生活の面倒を見た。

この行長が平家物語を作り、生仏という盲人に暗記させ、語らせた。

それで比叡山のことを特に重々しく書いたのである。

義経のことは詳しく知っていて、記述した。

蒲冠者範頼のことはあまり詳しくなかったのだろうか、多くのことを書き漏らしている。

武士のこと、弓馬のことは、生仏は東国の者であったので、武士に聞いて書いた。

この生仏の地声を、今の琵琶法師は模倣しているということだ。

朗読について

いつも使っていたソニーのHI-MDという録音機をやめて、RolandのR09という機種を使ってみました。

マイク 〜 マイクプリアンプ 〜 コンプレッサー 〜 レコーダー
とつなぐ、最後の「レコーダー」の部分を、変更したのです。

駆動部分がないので、「シャー」とか音を拾わず、ストレスなく録音できました。
パソコンに簡単に移せるので作業が簡単でした。

音質はやや大雑把ですが、そのぶん細かい声のアラがごまかせて、いい感じです。

「しなののぜんじ」って発音しづらかったです…

posted by 左大臣光永 | 平家物語関連

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。