大地震

平家物語:大地震 朗読mp3

平家物語巻第十二「大地震(だいじしん)」です。
元暦二年(1185)七月、京に大地震が起きます。


あらすじ

元暦二年、平家一門は壇ノ浦に滅亡します(「内侍所都入」)。
同年七月九日、京に大地震が起きます。
未曾有の大地震で、多くの人命が喪われます。
安徳天皇が海に沈み、宗盛や重衡というかつて大臣・公卿の位に あった人たちが処刑されたので、その祟りではないかという噂されました。


「元暦の地震」については、鴨長明「方丈記」や、中山忠親「山槐記」、慈円「愚管抄」、「吾妻鏡」などにも描かれています。余震は3カ月も続いたそうです。
よほど強烈な、同時代的な記憶だったのでしょう。

安徳天皇が亡くなったことと、平家一門の処刑に関連づけて 語られているところがポイントです。
平家物語は天災を描写するときも、必ず人事にからめて語ります。
巻第三「辻風」では、台風が重盛の死の前兆として語られています。


posted by 左大臣光永 | 平家断絶

【発売中】はじめての平家物語〜木曽義仲篇

はじめての平家物語〜木曽義仲篇

院の御所法住寺殿を焼き討ちにした義仲は天下に孤立。後白河法皇は頼朝に義仲追討の院宣を下し、範頼・義経両軍が京都へ攻め寄せます。義仲が朝敵となったことで、それまで義仲に従ってきた者も次々と去っていきます。そんな中、股肱の臣たる今井兼平、樋口兼光、巴らはあくまで義仲への忠義をつらぬきます。 詳しくはこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。