祇園精舎

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」…あまりにも有名な平家物語冒頭部分です。作者は中国や日本の歴史を紐解きながら、全てのものは移り去り、一定の状態に留まらない…「諸行無常」の精神を語ります。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家繁栄

二度之懸

平家物語巻第九より「二度之懸(にどのかけ)」。梶原景時は長男源太景季を救出しようと敵陣の中に駆け入り、奮戦する。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家繁栄

一ニ之懸

平家物語巻第九より「一二之懸(いちにのかけ)」。一の谷西の木戸口にて、熊谷次郎直実(くまがいじろう なおざね)と平山武者所季重(ひらやまのむしゃどころ すえしげ)が敵陣への一番乗り、ニ番乗りを競い合う。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家繁栄

三草合戦

平家物語巻第九「三草合戦」です。三草山に布陣している平家軍に 源氏が夜襲をかけます。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 一の谷

三草勢揃

平家物語巻第九より「三草勢揃(みくさせいぞろえ)」です。 平家討伐のために出発した範頼、義経軍はそれぞれ摂津国コ陽野(こやの)、 播磨と丹波の境、三草山に陣をとります。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 一の谷