祇園精舎

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」…あまりにも有名な平家物語冒頭部分です。作者は中国や日本の歴史を紐解きながら、全てのものは移り去り、一定の状態に留まらない…「諸行無常」の精神を語ります。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家繁栄

月見

平家物語巻第五より「月見(つきみ)」です。
清盛が福原へ都を移し、最初の秋が来ます。徳大寺左大将実定(とくだいじのさだいしょう じってい)は月の光に誘われ、荒れ果てた旧都を訪ねます。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家凋落

平家物語巻第四より「鵼(ぬえ)」です。
源頼政の鵺退治です。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家凋落

宮御最期

平家物語巻第四より「宮御最期(みやの ごさいご)」です。 打倒平家のために立ち上がった源三位入道頼政(げんさんみにゅうどう よりまさ)は、 無念にも自害し、以仁王も討たれます。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家凋落

橋合戦

平家物語巻第四より「橋合戦(はしかっせん)」です。 平家と、平家に背いた以仁王の軍勢が宇治橋の上で戦います。 以仁王は、三井寺の堂衆(僧兵)を味方につけています。

続きを読む

posted by 左大臣光永 | 平家凋落