聖主臨幸

平家物語:聖主臨幸 朗読mp3

平家物語巻第七より「聖主臨幸(せいしゅりんこう)」です。 平家一門が都落ちする中、宗盛は長年仕えてきた侍たちに暇を出します。

あらすじ

木曾義仲の上洛に際し、平家一門は館を焼き払って都落ちします(「維盛都落」)。

そんな中、源氏でありながら長年平家に仕えてきた畠山重能らの姿が ありました。

都落ちに際して首を斬られても仕方のないことだったのですが、知盛の 進言で宗盛は彼等に暇を出すことを決めます。

「どこまでも付いていきます」すがる彼等に宗盛は 「汝らの魂は東国にある。抜け殻ばかり連れて行っても仕方がない」と、 泣く泣く暇を出すのでした。


前半はいかめしい漢文調で都が焼け滅ぶ様を描き、後半宗盛主従の 別れの場面となります。

宗盛はデブで無能で臆病で使えない人というイメージがありましたが、 なかなか情に厚いところもあり、憎めないです。

吉川英治氏の「新平家物語」では、宗盛が御座舟の中で子供たちをあやしてる場面があり、 微笑ましかったです。

汝等が魂は、皆東国にこそあるらんに、ぬけがらばかり西国へ 引き具すべき様なし。いそぎ下れ

切ない別れの言葉です。二十年来の思い出が宗盛の頭の中をパァーとかけめぐったことでしょう。


posted by 左大臣光永 | 木曽義仲の台頭