御輿振

平家物語:御輿振 朗読mp3

平家物語巻第一より「御輿振(みこしぶり)」です。
加賀の国の国司師高と目代師経の処罰を求めて、比叡山の大衆が京都の町へ乱入します。
源頼政(みなもとの よりまさ)はわずか三百騎で北の門(縫殿)の守護につきます。

あらすじ

延暦寺の大衆は加賀守師高と目代近藤判官師経の処罰を朝廷に求めていたが、裁可がおりない。

業を煮やした延暦寺の大衆はは、日吉の祭礼を中断し、十善寺権現、客人(まろうど)、八王子、三社の御輿を振りたてて、都に向かう。

源平両家に内裏の門を守護する命令が下り、重盛は陽明、待賢、郁芳門を、宗盛らは西南の門の守護につく。

源頼政は、わずか三百余騎で北の門(縫殿)の守護につく。

延暦寺の大衆は、手薄と見て頼政の守護する縫殿へ押し寄せる。

頼政は神輿を前に礼儀正しく拝礼し、郎党の渡辺長七唱(わたなべのちょうじつ となう)を使いに立て、衆徒に訴える。

この門を通せば、宣旨に背くことになる、防いで戦えば、日頃信仰している医王山王権現に申し訳ないと。

そして比叡山の威信を示すため、むしろ警護の堅い小松殿(重盛)の方から攻めることを薦める。

老僧の豪運は、大勢の中を討ち入ってこそ山門の威信が示されること、また頼政の人柄の信用できることを大衆に語り、頼政が歌道にも優れた例として、「深山の花」という題で詠んだ歌を引用する。

皆、納得し、重盛の守護する待賢門へ向かうが激しい乱戦となり、神輿にはたくさんの矢が射たてられ、多くの衆徒が射殺される。衆徒は神輿を打ち捨て、本山へ逃げ帰る。

朗読について

比叡山の衆徒との小競り合いは、平家物語前半の主要トピックです。
後半の合戦ほどではないにしても、山場になってると思います。
人間ドラマだけで進む「妓王」などより、こういうアクションのある章のほうが 朗読しやすい気がします。

平家物語前半のキーマン、源頼政が登場します。武芸だけでなく歌道にも優れた所、怒りたけ る衆徒の前で、あくまで礼儀をつくす所…
頼政の人柄が断片的ながらも語られます。
頼政の活躍する場面では、朗読も思わず襟を正した感じになってしまいます。


posted by 左大臣光永 | 平家繁栄