朗読 平家物語平家繁栄 徳大寺厳島詣

徳大寺厳島詣

平家物語巻第二より「徳大寺厳島詣(とくだいじ いつくしまもうで)」。 徳大寺大納言実定(とくだいじのだいなごん じってい)は、平家の次男宗盛に先を越され大将になれなかった。
一時は出家を考えるが、蔵人大夫重兼の提案で安芸の厳島に参詣し、大将になれるよう祈願する。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

あらすじ

徳大寺実定(とくだいじ じってい)は、平家の次男、宗盛に 先を越され、大将になれず(「二代后」)、 世をはかなんで屋敷に引きこもっていた。

ある月の夜、徳大寺に仕える蔵人大夫重兼(くらんどのたいふ しげかぬ)が実定のもとに参上すると、実定は出家をほのめかす。

重兼は涙をはらはらと流し「貴方が出家すれば家臣たちは路頭に迷うことになります」といって、ある提案をする。

「平家が信仰する安芸の厳島へ七日ばかり参篭しなさい。
そこには内侍と呼ばれる巫女がいます。
内侍たちに祈請の内容を聞かれたら、正直に 大将になりたい旨を伝えなさい。

帰る段になったら名残を惜しみ、めぼしい内侍たちを連れて都までのぼりなさい。

都へ上れば内侍たちは西八條の清盛邸を訪ねるでしょう。
内侍たちは入道相国(清盛)に 「徳大寺殿が大将になりたいと七日参篭されました」とありままを伝えるでしょう。

入道相国は感激しやすい人ですから、平家の崇める厳島に祈るとはいじらしい奴と、 けして悪いはからいはされないでしょう」

実定は、この提案に感心し、すぐに精進(肉食を絶ち身を清める)して厳島へ出発した。

厳島につくと七日七夜参篭の間舞楽や琵琶などをして、また実定自身も今様を歌ったり朗詠をして厳島の明神に祈った。

内侍たちが参篭の目的を聞かれると、実定は(重兼のアドバイスどおり)、「大将になれるように」と、ありのままに答える。

七日の参篭が終って都へ帰ろうということなり、内侍十余人が見送りについてくる。

「もう一日」「もう二日」と名残を惜しむうちに、とうとう都まで着いてきてしまった。

実定の徳大寺殿で引き出物などを受け取り、内侍たちは引き上げる。

せっかく都に上ったのだから、主である入道相国を訪ねようということになる。

出迎えた清盛は、驚いて突然の訪問のわけを尋ねる。内侍たちは「徳大寺殿が大将になれることを祈って厳島に参篭されて…」と、 事の次第を話す。

都にいくらも神社仏閣はあるのに、あえて平家の信仰厚い 厳島に徳大寺が参詣したことに、清盛は心打たれた。

嫡子小松殿(重盛)が左大将だったのを辞職させ、次男宗盛が右大将だったのを 超えさせ、徳大寺を左大将に就任さた。

新大納言成親卿も、この実定卿のように賢いやり方をすればよかったのに、 おろかな謀反を企てて一家眷属を滅亡に追いやったのは遺憾なことであった。

徳大寺実定(とくだいじ じってい)について

藤原 公能の子。藤原俊成の甥、藤原定家の従兄弟。
祖父の実能が徳大寺左大臣と呼ばれたので、後徳大寺左大臣と呼ばれることもあります。
歌人として有名で、「千戴集」に十七首を取られています。
二代后」「月見」に登場する、多子(たし)は、この実定卿の妹です。

平家物語の登場人物は悲惨な運命をたどる人が多いのですが、この実定は、ひょいひょいと 危機を乗り越えて、誰にも敵視されず、うまいこと立ち回っています。

月見」の章での「物かはの蔵人」や、「待宵の小侍従」との交流。
この「徳大寺厳島参詣」での蔵人大夫重兼との、いい感じのやりとり。
友人に恵まれた人のようです。
人が近寄りやすい、温かみのある性格だったのでは、と思います。
徳大寺、物かはの蔵人、待宵の小侍従、蔵人大夫重兼の四人が二頭身キャラになって仲良く歩いている図が私には見えます。
実際に実定が厳島を参詣したのは二年後の治承三年あり、この「徳大寺厳島詣」は 完全な創作ですが、 「愚かな新大納言」と「賢明な徳大寺」という対比を出すために、敢えて事象を再構成したのでしょう。
平家物語が得意とするストーリーテリングですが、ちょっと新大納言が可哀想ですな。

平家物語の中で実定が主人公の章はこの「徳大寺厳島詣」と「月見」ですが、 他にも「大原御幸」で後白河法皇の付き添いの一人として登場したり、 ちょこちょこと美味しい役所を持っていきます。

百人一首に採られている

ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の月ぞ残れる(「千載和歌集」夏161)
の作者としても有名です。

この歌は「むすめふさほせ」という一字決まりの札の一枚ですから、 先頭の「ほ」が発音された瞬間に、バシーーと畳をひっくり返す勢いで取らないと勝負に勝てないのです。

posted by 左大臣光永 | 平家繁栄