猫間

平家物語:猫間 朗読mp3

平家物語巻第十より「猫間(ねこま)」です。
都入りした木曽義仲の無骨な振る舞いが容赦なく描かれます。

あらすじ

鎌倉で頼朝に院宣を授けた中原泰定は(「征夷大将軍院宣」)、都に上り事の次第を報告します。
頼朝の優美な態度を聞き、法皇以下感心しました。

一方、木曽義仲は都の守護についていましたが、その立居の無作法さは、 ひどいものでした。

ある時猫間の中納言光高卿(ねこまのちゅうなごん みつたかのきょう)という 人が、義仲の館を訪問しました。

「猫間」とは、館の所在地を指しているのですが、義仲はこの中納言を 「猫殿」と決め付け猫扱いし、さまざまな無作法をしたので、中納言は用事を 告げる前に不機嫌になり退出してしまいました。

にわかに狩衣を着て正装した姿は、目も当てられないほど無様でした。

牛車へ乗る作法もひどいもので、「牛飼」という言葉を知らず 「子牛こでい」と呼び、車には後ろから乗り前から降りるという作法を知らず 後ろから降りるなど、牛飼いからも呆れられる始末でした。


義仲の無骨さが、やや大げさに語られています。普段はあまり地の 文には抑揚をつけないのですが、「あー、もうしゃーねぇなぁこの男は。ヤレヤレ」 的ニュアンスが出るよう、朗読しました。

「蝶が羽を広げたように」ブッ倒れて、ジタバタするところなど、 たいへん可愛くユーモラスで、平家物語ではかなり悪く言われている義仲ですが、 憎めない人物です。

posted by 左大臣光永 | 木曽義仲の台頭